ファスティング時の空腹が我慢できない!

酵素ダイエット中お腹が減らないは嘘?ファスティングに何度か挑戦はしているけれど、ファスティング中の空腹に耐えられない、ということは多いのではないでしょうか。
多くの人はいきなりファスティングに挑んでしまうということもあり、食事量が急激に減ってしまった状態では空腹を感じない方がおかしいという状況なのです。
しかし酵素ダイエットの口コミをみていると「酵素ドリンクのおかげで空腹感はあまり感じない」というものも多いではありませんか。実際にファスティングを行った人であればわかると思いますが、ファスティング中に酵素ドリンクを飲んでいるからといっても、お腹は空きます。
空腹感が0になることは皆無といってもいいでしょう。
それなのに、いつも良く食べる人がいきなりダイエットとしてファスティングを行えば強い空腹感を感じて当たり前なのです。
「空腹が我慢できないなんて、ダイエットやめたほうがいいのかな」なんて不安になることはありません。ダイエットをしている人のほとんどが、空腹を我慢できずにいます。だからファスティングは失敗してしまっている人も多いのです。

我慢し続けると強いストレスを感じ、どか食いやリバウンドの原因に

ファスティング中にお腹が空いてしまい、ずっと我慢を続けているとどうなるでしょうか。ファスティング中の空腹は、できれば我慢できる方がファスティング自体がそこで終わってしまうこともなく、ファスティングの効果もきちんと感じることができるはずです。
しかし強い空腹にさらされながら我慢をし続けていると、ファスティングが終わるまではなんとかなるかもしれませんが、ファスティングが終わった途端にどか食いを始めてしまうことも多いのです。
それまで我慢していたのに、一気に食べてしまうのがどういうことかといえば、リバウンドにつながってしまうということになるのです。
せっかくファスティングの効果を感じられてもリバウンドですぐに元どおり、ではあまり意味がありませんよね。元に戻るだけでなくより太ってしまうことで、サラなるストレスを感じてしまうかもしれません。

ファスティングに向けた体作りを普段からしておこう

空腹の我慢はリバウンドの原因にもリバウンドを何度も繰り返していると、当然ですが太りやすく痩せにくい体になってしまいます。そのためファスティングに向けて最初から食事量を減らしてみたり、体を慣らすようにしてみましょう。
ファスティングの前は1週間ほど時間を取り、少しずつ断食に向けて食事の量を調整していくだけでも突然の空腹に襲われることが少なくなるはずです。
いきなり断食をすれば体調も崩しやすいので、「空腹に耐えられない」という人はまずは体を慣らすことから始めてみましょう。